2019年12月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

インプラントの説明

インプラントの説明

治療の基礎知識

はじめてのインプラント

インプラントとは、大きな意味では生体内に植え込む人工物を指します。歯が抜けた部分の骨に金属(主にチタン製)の土台を埋め込み、セラミックなどの白い歯をそこに取りつけて、もともと歯があった頃と変わらない状態を再現するという治療法です。

どうやるのか?

インプラントというのは、左の図でいうとネジになっている部分です。その方法を簡単に説明すると、

  1. まず植えるインプラントの直径に合わせた穴を歯ぐきの骨にあけます。
  2. そこに無菌状態のインプラントを埋め込みます。
  3. その後、インプラントと周囲の骨がしっかりと結合するのを待ちます。
  4. インプラントの上に中間部品を取り付けます。
  5. セラミックス等で制作した白い歯を装着します。

1回法と2回法

インプラント埋め込み手術を1回で済ませる方法と2回に分ける方法があります。1回法と2回法の違いは、手術の回数の違いです。

1回法の場合は、ネジの部分を埋め込み、歯ぐきの形を整えるための小さな部品を取り付けます。そして骨とネジの部分が結合するのを待ってから、白い歯を取り付けるのです。

2回法は、1回目の手術の後、歯ぐきの肉を完全に塞ぎます。そして2回目に小切開し、白い歯を取り付けます。これは、歯ぐきの骨が薄い方や、骨密度が低い方に適しています。

すべての歯をインプラントにする方法も


歯が全くない、もしくは、総義歯が必要になる場合の方でも、インプラントですべて賄う、という方法もあります。義歯のような、食事の時に食べ物が挟まってたり、動いて痛い、不便さ等からは解放され快適な食生活送ることができます。ただし、メインテナンスは、大変重要で、費用も、高額にはなります。