2019年12月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

院長あいさつ

ドクターのご紹介

推薦のことば

たかはし歯科院長:高橋 啓(たかはし あきら)

私は、北海道医療大学歯学部を卒業後、広島大学歯学部歯科補綴(ほてつ)学第一講座(赤川安正教授)に入局しました。ここで教えられたことが、今の歯科医として基本となっています。

ちなみに補綴学というのは、歯が無い部分をどうやって歯を入れるかという専門科です。治療としては、インプラント、取り外しの入れ歯、ブリッジなどが治療の中心でした。特殊な治療としては、腫瘍などで顎が大きく無くなった方の特殊な義歯や睡眠時無呼吸症候群の治療、噛みあわせの問題から顎関節症の治療を担当することも多かったです。

また、大学病院からの派遣により精神科病院での治療や、老健施設での治療、口腔ケア、個人宅への訪問診療などを経験して来ました。 また、大学病院在籍中は大学院へと進学し、「インプラントと歯周組織の再生」をテーマに高田隆先生(広島大学医歯薬総合研究科教授)の元、研究をしておりました。そのため再生医療については、知識があります。ここでは最先端の研究とともに、インプラントと歯周病の論文を数多く勉強することになり、現在の歯周病治療に非常に役立っております。

インプラント治療に関しては、細川隆司先生(現九州歯科大学教授)の元、一から教えていただき、現在もいろいろな連携をとっています。在籍中は、一緒に矯正治療に取り組んだりもしていました。広島の大学病院には、6年間在籍し退職しました。

その後は、医局OBである小林譲治先生に師事し、医療法人朋友会 せいぶ歯科医院にて副院長として4年間勤務しておりました。この間、小児治療をはじめとする一般的な治療のレベルアップをはかって参りました。特に口の中全体をみて治療計画を立て、説明するという習慣がついたのもこの頃です。以上が簡単に私がたどってきた道であり、得意分野です。さらに現在も得意分野を広げるように勉強中です。

私がホームページを作っている理由

私は,ホームページを作ってインプラントを始めとする歯科治療について,説明を加えてあるのは,たかはし歯科へ来院される方が自分に合った医院かどうかを見極める助けになると思っているからです。このホームページを読んで自分に合わないと思う方は,自分に合うところで治療を受けてもらいたいのです。見る人全員によく思ってもらうことは,不可能です。周囲に勧められたからといって無理して当院に来る必要は無いのです。その辺フラットに考えて下さいね。皆さん自身が良かったと思える治療を受けることがとても大切です。